津田 二郎(つだ じろう)

経歴

宮城県仙台市出身
仙台第三高等学校卒
中央大学法学部卒
2004年 弁護士登録(57期)
同年 当事務所入所

所属

東京弁護士会

主な受任事件

民事事件(借地借家,交通事故,不動産取引,請負代金,建築紛争,金銭債権など)
家事事件(遺産相続事件,離婚事件,成年後見,遺言作成など)
労働事件(残業代・賃金未払事件,不当解雇事件,セクハラ・パワハラ事件など)
債務整理(破産,民事再生,任意整理)
刑事事件(一般,少年)

弁護団事件

薬害イレッサ弁護団
http://iressabengodan.com/

ノーモアミナマタ第二次訴訟
http://www.no-more-minamata.jp/

講演(主なもの)

<改憲問題・戦争法制>
・「かいけんろんは壊憲論」
・「安保法制 すべての?を解き明かす」
・「戦争法案STOP! ~戦争法案はなぜ違憲なのか。 なぜ反対の声が大きく広がっているのか。廃案にするために今、何をすればよいか」
・「戦争法は私たちとどうかかわるか~平和・人権・命の平等~」
<教育問題>
・「ココロの自由は誰のもの?」
・「日の丸君が代問題と都政~憲法を生かす都政に向けて~」
・「教育基本法改正問題」
<医療関係>
・「院内暴力対策について考える」
・「訪問看護・介護の危機管理」
<労働問題>
(労働者向け)
・「働く人の知恵入門講座」
・「労働法制について」
・「働き方改革と今後のたたかい」
(経営者向け)
・「労働法規の順守と『モンスター社員』への対応」
・「解雇規制について」
<成年後見>
・「成年後見制度について」
<薬害・公害>
・「薬害イレッサについて」
・「薬害と憲法」
<学生向け>
・「明日の自分に会いに~変革を求める弁護士にあなたも」

寄稿

・季刊労働者の権利 274号(2008年4月発行)
NTT年金訴訟-企業の理屈を認めず受給権の保護を認める
・東京弁護士会会報「LIBRA」 2018年2月号
今,憲法問題を語る 第77回 国民投票法の問題点~意見広告「非規制」の問題を中心に~
https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2018_02/p44.pdf
・東京弁護士会会報「LIBRA」 2019年2月号
今、憲法問題を語る 第87回 アジアにおける政治情勢の変化と憲法改正の立法事実の変化
https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2019_02/p29.pdf

ひとこと

さまざまな思いをもって相談にこられた依頼者のみなさんの気持ちに応える弁護活動を心がけたいと思っています。 「相談して良かった」と思っていただけるよう,誠意をもって対応させていただきます。

過去のニュース

セミナー講師